非物質世界 - No same Life with Web- LatterDaySaintsChurch

No same Life with Web 非物質世界

非物質世界

life isnt same . bud web is with similary.

有名なスポーツ選手の写真をウエブで利用する事は、著作権侵害 になるのだろうか? 

沢山の人は 単純になる と答えるかと思う。

もしも、人間界に グーグルロボットのような システムが巡回してきて、その画像は 他人により 作成されました。これは 
××法違反です。

という風なシステムがあれば そうなってしまうだろうが 

現在は その本人が 申し立てを行い その申し立てを受けた 人がいる場合、そうなる。

もしくは、システムの運営や 委員会がそのアカウントを否定する という方法になっている。

この2つ以外の方法は、他人が他人を非難する という事のみで これは××法違反 や 著作権違反 という事にはならないだろう。

例えば、 他人が他人のWeb について 著作権違反を 指摘する という 行為は、 指摘された 他人が その違反によって罰せられるわけではない。

罰せられる訳がない事 について ある 一定のウェブにまつわる 事象について 考えてみた。

スポーツ選手 と ウェブ運営者

スポーツ選手 と ウェブ運営者 という 人生はある意味 真逆である。

スポーツ選手は 収入が 大きくなるものであるし それに比べればウェブ運営者 が スポーツ選手くらい稼ぐには ウェブサイトを50から70は運営しなければならない。

スポーツ選手がいつまでも活躍するには、自分のフィールド 自分のツール と 共感しあっての事で 永遠に活躍できるのであって 一枚の静止画をツールにし続けることや 過去の栄光の記録 に共感しただけでは、 新たな記録は発生しない。

ウェブサイト運営者は 過去の記録自身を 新しい記録 に変える という作用がある。
これは、 過去のスポーツ選手の写真 で 新しいウェブサイトを作る事 これは、 多くの人に あるスポーツ選手の過去の記録を 新たに考えさせる という作用がある。

もし、Web にあるようなグーグルロボットが 実社会にあるとすれば、 スポーツ選手とウェブサイト運営者の関係は、過去から今未来 に対して、 過去を今に繰り上げる  という作用を作ることは できないだろう。

そして、すべての人の過去は 違う人生であるはずで 同じだという事はドッペルゲンガーとかの 一種のオカルトでしかない。

過去を今に繰り上げる というスポーツ選手の画像 転載 は、法律と利益 という点で 著作権違反 ではないかもしれないのだ。

そして、 過去を今に繰り上げる だけでなく ウェブという情報管理ツール プラットフォームで 共感する対象の違い つまり共感する生計の違い で利益が一致 するといえるのだ。

事実、著作権違反 にうるさい 集英社 任天堂 コナミ と もめる (特に集英社)のは、共感する生計の違いで 大きな乖離や障害がある 場合に多い。

この写真は私が撮りました。この写真の人物は私です。 権利はこちらにあります。という文言が届くのは、ほとんど 共感する生計の違いで 大きな乖離や障害が、ある場合がおおい。

youtubeで 問題のアカウントが バン されるのも、 ITのプラットフォームで youtubeが 生き残るために 何を基準にアカウントを選んでいるのか というならば  共感する生計の違いで 大きな乖離や障害 が生まれる事を基準にしている。

老人と海の作者 ヘミングウェイが 当時 社会モラルに反すると指定されている キーワードで小説を書き、出版社をリストラされた。そいういう ある意味 ハチャメチャ規制時代 が アメリカにもあった。

ウェブという 非物質世界 で IOTが 大きく躍進しそうな 状況で、 物質化することは 単純に違反になるだろう。

非物質 という状況で 共感する生計の違い で利益が一致 する場合 非物質世界 では 当人同士 肯定されるのではないだろうか。

だから。

life isnt same . bud web is with similary.

関連記事:共感力を高める

外部記事 あえてモルモン教から離れた人のウキペディア ⇒こちら

 

Please follow and like us:
error1
Tweet 20
fb-share-icon20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク