日曜学校 聖餐 - LatterDaySaintsChurch

日曜学校 聖餐

聖餐会や、聖餐とは、 命のパンや、イエスキリストそのものであったり、キリストの贖いの犠牲であったりするが、こんな考え方もある。あくまでも私解である。紀元前は、BCであらわされ、紀元後はADで表される。BCはBC1年の次は、AC1年である。そのBCとACの間に0は存在していない。そして、イエスキリストの生誕は、紀元0年と表示される。犠牲や最後の晩餐や、贖罪もしくは聖痕など、モルモンにとってはネガティブな言葉が多くあるが、もし、1年が365日でなく、1週間が7日でなく仮にイエスキリストが7曜日を作られ、地球を作られていなければ、つまり、1年が365日でなく、1週間が7日でなければ、必然的に365週が、7年と1日若しくは2日にならず、イエスキリストの作られた地球と7曜日というのは、キリスト教のウソになってしまう。その嘘のために聖餐会は、週1回以上若しくは2回行わなければならなくなる。しかし、BCと、ACの間の1年が、聖餐会によって、365週と同じ価値を持つのは、天文で、地球を作られ、7曜日を作られ、地政学で、BCとACに、0を与えなかったことが、堂々と贖いの犠牲であると、言えるのである。簡単に言えば、イエスキリストは、BC1年生まれでもあり、AC1年生まれでもあるという、「あらかじめ選ばれた御子」であったわけだ。従って、往々に聖餐会は週1回で、2回以上行う教会は近代都市社会の都合であるというわけである。1年から1年の二つを跨いだ特別な方であり、侵害を受けない方でもある。改宗できるのは、丁度子供が生まれて7年終わりの2日後という365週、つまり各々の子供が8歳を迎えた時に許可されるのは、最大限の祝福を受けれるためなのである。D&C27-2に見よ、私はあなた方に言う。聖餐を受けるとき、あなたが私の栄光にひたすら目を向けて、あなた方の為に葬られた私の体と、あなた方の罪の許しのために流された私の血を父に記念して、それを受けるならば、あなた方は、何を飲み 何を食べても構わない。というの掲示なのも、BCADという構造だからである。それでも、酒とたばこに手を付けてしまうのは、病気をごまかすためか、意思が弱いのである。つまり、マッケイ大館長の栄光のある礼拝という話は、言うまでもない真実なのである。

Please follow and like us:
error1
Tweet 20
fb-share-icon20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク