日曜学校 命の書 - LatterDaySaintsChurch

日曜学校 命の書

聖典では、命の書は、人生の記録ではなく、忠実な人についての記録である。人生の記録は、覚えの書であることが、多いようだ。
その書物には、彼らの名前とその義にかなった行いが書かれている。D&C128-6-7に、黙示者Johnが、20の12もしくは、128-6-7でも同文が乗るが、死者は数々の書物が開かれ裁かれるが、その中の一つが命の書であり、もう一つの書が 覚えの書であるというのだ。これは、死者のためのバプテスマに関する追記での掲示である。これらは福音を知らずに、死ぬ者の救いのために、主が創世の前に定めかつ備えられた儀式と備えに従うことによって、ひたすら神の御心に応じるため、なのです。128-5.つまり命の書とは、自分の名前は当然ながら、その行いについては、主の創世を客観的に見た、物事に対しての記録であるので、見証者、耳で聞く記録者、承認の口によってすべての言葉が確認できること。であるというのがわかる。つまり、笑い話であるが、自分で自分の行いを書き続けても、命の書になるわけではない。どちらかというと覚えの書である。つまり、見証者、記録者 承認の口、が、現れない生活の場合、バプテスマの儀式を受けることが、命の書なのであるといえる。一つの原則が他の原則に一致するということの繰り返しが、地からでて土に属する人は、土に属する人のようであり、天に属する人は天に属する人のようであり、第二の人は天から来る主である。このように、天の記録は地上の記録に似ています。これが結び固めであり、つなぐ力であり(d&c1-8)知識の鍵からできる王国の鍵である。死者と生者の両方の救いは、命の書によるということであり、この事項全体の最高善は、聖なる神権の力を得ることである。そして、その神権の力を確認することができる見証者、記録者、承認の口がいたうえの主の創世を客観的に見た力 その力が神権の力であるといえる。

Please follow and like us:
error1
Tweet 20
fb-share-icon20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク